住むところを考える時代になりました

住むところを考える時代になりました

優しい社会というのはなんだろうと思います。余りにも平等と言いすぎて、当たり前に生活している人が、謙虚にならないといけないという世の中になっていsまいました。当たり前ですが、そうなると、今度は、弱いとされている立場の方が、相当に力を持ってきてしまい、近隣は、そこを気にして、いつもシーンおtなっていないといけなくなるのです。楽しくはないですよね。
こうなると、住むところを考えないといけません。なぜならば、優しくしないといけない地域で生活するには、朝も早く、夜は早いという生活が待っているからです。こうなると、お父さんはまだいいかもしれませんが、勉強添えるう人には困りますよね。塾は12時頃までもかかりますから。すると、寝静まった地域に、車が入ってくるという具合になります。
そこで、まだ、当たり前の方が多ければ、それが以上でもないのでしょうが、それで、騒ぎ立てるギャラリーもいるのです。こうなると、お金を貯めて、当たり前に、塾にいく子供のおおいところにすまない解けないのです。
窓も開けることができません。こだわりが強くて、容認してはもらえないのです。
昭和であれば、このようなことはなかったでしょう。日本はおsれなりにうまく機能していたはずです。
ところが、優しすぎているのではないかと思います。そんなところでは、経済は少ししか動きませんよね。
ちぐはぐだと思います。さらに、スマホを操るので、なんでも妨害することはできますよね。ノイズだって、起こせ幅、それが気になることは多いです。
もう、愕然と、始まっているという得るのです。スマホができることをたくさん増やしてしまいました。昭和には常識というのがありましたから。

 

http://xn--n8j7c794i8zan20djoeqzuy34fnjh.com/